癖 心理 舌

舌を出してしまう癖における人間の心理

普段は口がしっかり閉じていても、ある場面になると知らないうちに舌が口から出てしまっている・・・という癖をもっている人はいませんか。

 

 

このような癖は、手を動かす細かい作業などをしているときに、自然に舌がでてしまっているなど、特定の集中する場面で起こりがちです。

 

 

人間が無意識のうちに舌を出してしまう心理には、力み過ぎを抑え、集中力をさらにアップさせる効果があると考えられています。

 

 

よくスポーツ選手の中にも、集中する場面で舌を出しながらプレイをするシーンが見られることがあります。

 

 

この動作をすることによって、緊張をやわらげリラックスするこができるからです。

 

 

無意識にではなく、訓練してこのような動作を身につけているのが、スポーツ選手です。

 

 

知らないうちにこのような癖が出てしまう場合には、無意識のうちにこうしたリラックスする方法を、身につけているとうことが考えられます。

 

 

リラックスして筋力がほどよく緩んでいれば、効率も上がるし集中力もよりアップするということを、自然に身につけているのです。

 

 

やめてしまいたい癖と思わず、自分の能力を最大限発揮するために、必要な癖であることを認識していれば、スポーツや仕事などの他の場面でも有効に使うことのできる良い習慣と言えるでしょう。