癖 心理 鼻

鼻にまつわる癖や心理

鼻にまつわる癖はあまりないように感じられます。

 

しかし頻繁に触れる癖を持つ人も居るのです。

 

特に落ち着かない、精神的に不安定、なんだか不安で心配といった心理に陥った時、すすったり、指や手で触れる人も居るのです。

 

悩んでいるとき、考えているときに指を添える人もなかにはいるのです。

 

神経質な人は鼻水を頻繁にすすって、痰を吐く癖がある人がいます。

 

しかしこうした癖が大人になっても残っていると非常に日常生活が不便になります。

 

できれば子供の頃にこうした癖を治しておきたいものです。

 

子供のを意識を鼻ばかりに向かない様、両親が配慮してあげることが大事です。

 

スポーツや趣味に打ち込むようにしたり、外で思いっきり遊ばせたり、子供同士のコミュニティーを形成させることが大事です。

 

何かに熱中すると自分の殻に閉じこもり内向性性格になる傾向の歯止めになります。

 

また何かに熱中することで意識が外に向くようになり、クセがなくなっていくこともあるのです。

 

また親の過保護もよくありません。

 

自立心を持たせることでクセが消えることもあるのです。

 

しかしそれでも頻繁に痰を吐くようなクセが見られる場合は、蓄膿症などの病気の可能性もあるので、耳鼻科に相談してみるのもよいでしょう。