手をつなぐ 男 心理

手をつなぐときの男性の心理

男の人が初めて女性の手をとるとき、どのような心理が働いているのかというと、やはり少なからずも緊張感があります。

 

手をつなぐことで、一気に親密になれるか、または相手が拒否するような反応を示せば、先へ進めないことを自覚するものです。

 

多くの男性の場合、ある程度の確信を持って、手をつないでくることが多いようです。

 

相手も自分に対して好意を持ってくれているのだと感じることが出来てから、手をつなぐという行為におよぶことが多いです。

 

お互いの身体の一部が相手に長く触れていることで、通常は親近感が増していきます。

 

手をつなぐことに成功した男性の多くは、おそらく相手の女性の腕や肩、髪をなでたりと、さらに触れたいと思う気持が高まっていくのが普通です。

 

女性側としては、男性がさりげなく手をつないできたときに、拒否する事無く受け入れたとしたら、さらなる発展があると期待してよいでしょう。

 

反対に、それ以上の発展を望まない場合は、気軽に手をつなぐことはしないほうがよいとも言えます。

 

たいていは、初デートの時など、二人きりになったときに手をつないでくることが多いですが、最近では気軽にお友達としてデートの誘いを受ける女性も多く、それ以上の発展を望んでいないケースもあるので、手をつなぐ行為には、お互いが相手の気持をある程度推測できてからにしたほうがいいでしょう。


手をつなぐ 男 心理関連ページ

本命
思わせぶり