男性心理 好意 話しかける

好意のある女性に話しかける男性心理

男性は好意のある女性に対し、頻繁に目で追うようになります。

 

無意識な男性心理によって、その女性が母親になれるほど身体的に成熟しているか確認してしまうのです。

 

そのため男性は顔、胸、お尻、太もも、足首といった女性のセックスシンボルを頻繁に見て確認するようになるのです。

 

後世に自分のDNAを残さなければいけないとする男性心理によって、そうした行動を起こすのです。

 

女性の身体的特徴が合格ラインであれば、男性は次のステップの行動に移します。

 

男性は好意のある女性に頻繁に話しかけるようになるのです。

 

話しかけることにより女性の情報を得ようとするのです。

 

結婚はしていないか、他の男性の子供を産んでいないか、今付き合っている男性はいないかなど、女性が自分を受け入れてくれそうな状況であるか探りを入れるのです。

 

それらが確認できれば、男性は本格的に求愛行動を起こすのです。

 

食事に誘ってみたり、どこかに二人で出かけることを提案してみるのです。

 

そこでなんとなく自分を受け入れてくれそうな雰囲気であれば、さらにアプローチを続けるのです。

 

晴れてデートまでこぎつけられたら、さらに恋愛関係に発展するように男性は尽力するのです。

 

プレゼントを渡したり、優しく接することで、女性に身も心も受け入れてもらおうと精一杯努力するのです。

 

全ては遺伝子を残すための司られた行動なのです。


男性心理 好意 話しかける関連ページ

職場
会話
態度
視線
メール