男性心理 好意 会話

男性心理をついて、好意を伝える会話術

気になる男性と会話をするのは、緊張するものです。

 

少しでも良く思われたいし、可愛く見せたくなります。

 

そして、できれば、何とか自分に興味を持ってもらいたいはずです。

 

男性心理として、よっぽど、生理的に無理な相手以外に、好意を持たれて悪い気はしません。

 

できれば、モテたいのが本音です。

 

その男性心理をつき、あなたが、好意を抱いていることを、少しだけ見せるのです。

 

経験ある方もいらっしゃるかもしれませんが、今まで意識していなかった男性に告白や、自分の事を好きだと、誰かから聞くと、急に意識をしてしまったことがあるのではないでしょうか。

 

逆も同じです。

 

まず、意識させることが大事なのです。

 

相手に好意を持っていることが伝わればいいのですから、告白することを考えれば、だいぶハードルは下がります。

 

ここで、大事なのは、見せすぎてもだめなのです。

 

会話中に相手のどこが好きだとか言ってみたり、よく目を合わすようにしたり、意中の男性の趣味をかじってみたことを伝えたり、間接的にアプローチすることで、好かれているのではないかと思わせて、疑問にもたせるぐらいがちょうどいい伝え方です。

 

駆け引きだと分かると男性は萎えてしまうので、あくまに自然に伝えるのがベストです。


男性心理 好意 会話関連ページ

話しかける
職場
態度
視線
メール