男性心理 好意 視線

男性心理、好意を持つ異性への視線

健康な男性が女性に好意を持つのは自然の現象で、何も驚くことはありませんが、そこに発生する男性心理の不可思議な部分は何とも不思議と言うほかありません。

 

 

何の好意も持っていない女性に対しては何の不思議さもない、ごく普通の態度や行動で接することが出来るのに、いざ好意を持っている女性が対象となると、そうはいかないのが男性心理の不思議なところです。

 

会話がぎこちなくなったり、つい視線をそらしてしまったり、周りから見ていて非常にわかりやすい行動をしてしまう習性があるのです。

 

 

例えば職場などでも、一対一で仕事上の話をしている時でさえ、そういう傾向が見られます。

 

また逆にその人を無意識のうちに視線で何となく追いかけてしまうといった行動をすることもあります。

 

こういった行動も周りから見ると非常にわかりやすく、あの男性はあの女性に好意を持っているのではないかということがあからさまになってしまいます。

 

 

男性心理というものは、このように実に不思議です。

 

ことのほか恋愛に関しては、自分が嫌われたくないという気持ちと、出来れば魅力的な男性だと思われたい気持ち、さらにはその女性に少しでもそばにいて欲しいという気持ち、そこに照れくささが加わって、複雑怪奇な行動、周囲の人から見ればわかりやすい行動を無意識にしてしまうのです。


男性心理 好意 視線関連ページ

話しかける
職場
会話
態度
メール