男性心理 メール 頻度

メール送信の頻度による男性心理

恋愛はそのときの感情が大きく働きます。

 

男性は好きになると、感情が膨らむまでは観察をしていることがあり、
ある程度、好きだというヴォルテージが上がると行動としてはっきりと出ます。

 

これが男性心理です。

 

 

動物的な行動に似ていますが、基本はハンターで、好きになった人をそろりそろりと
見回しそして獲得の行動するというものです。

 

 

行動してメールアドレスを取得します。

 

この時点でどう動くかをすでにシュミレーションしていることがあり、男性心理のなかで
盛り上がっているときに一気に落とすということがイメージされています。

 

 

メールもお相手に関心があると毎日しこしことたわいのない内容のことを書いて送ります。

 

多いときには1日に何度も送信し、頻度が高いです。

 

話すとなると、相手の時間や都合を考えなければなりませんが、メールは着信を拒否しない限りは
送ることができます。

 

 

短い分でたくさん送るか、内容を濃くしてびっしりとしたものを送るか。

 

それはその人のセンスや文章をかくことがすき、嫌い、などさまざまです。

 

 

恋は感情を高ぶらせるので、行動もエネルギーもすべて好きな女性に向けられます。

 

好きなとき、お相手を振り向かせたいときは頻度が多く、逆に気持ちが冷めるとその回数も減っていき、
女性のほうが送っても返事もないということもあるのです。

 

 

メールの頻度で男性心理がわかります。

 

いつまでたっても変わらない状態ならその男性の気持ちは熱いままということですね。


男性心理 メール 頻度関連ページ

返信
絵文字