末っ子 長女 性格

長女と末っ子の性格の違い

世の中にはたくさんの姉妹が存在します。

 

長女として生まれるか、末っ子の次女として生まれるかで、同じ両親から生まれていても異なった性格特性を見ることができるのです。

 

長女は両親にとって待望の第一子です。

 

そのため両親は宝物を授かったように大切に育てるのです。

 

両親にとって子育ては初体験であるために、お風呂に入れるにしても、食事に与えるにしても、一緒に遊ぶにしても石橋をたたくほどの慎重さで持って育てるのです。

 

そのためどうしても両親は長女を過保護に育ててしまう傾向があるのです。

 

蝶よ花よと育てられるため、長女はおっとりした性格になる傾向にあるのです。

 

その反面末っ子の次女ともなると両親もすっかり子育てに慣れてしまい、ある程度子供は放任していても育つことを悟ります。

 

そのため末っ子の子育ては、両親は比較的大雑把になるのです。

 

そのため次女は比較的早い段階から自立心が芽生え、しっかりした性格に育って行くのです。

 

また姉の失敗や要領の悪さ、どういった所で両親に叱られているのかを観察しているので、末っ子はリスク回避が上手になり、非常に要領の良い、すばしっこい性格になる傾向があるのです。

 

同じ両親が同じように育てているようでも、これだけ姉妹の性質やパーソナリティーに違いが見られるようになるのです。


末っ子 長女 性格関連ページ

A型
O型
B型
AB型