O型 末っ子 性格

O型末っ子の性格特性について

O型の子供は、おおらかでひょうきん、小さいことを気にせず、自由奔放な性格特性があります。

 

おおらかで小さいことを気にしない性格は、何事にも積極的に行動でき、自分の世界を広げていくことのできる人なのです。

 

人当たりもよく、相手のペースに合わせてコミュニケーションが図れるので、友人も多く人に恵まれる人生を送ります。

 

しかし見方を変えると、小さいことに拘らない性格は慎重さを欠き、無神経に周りから思われることもあります。

 

またコミュニケーション能力に長けることは、八方美人ととられることもあるのです。

 

O型であり末っ子の場合は、おおらかでありながら慎重さに欠く行動をとることがあるので、両親はついつい末っ子を目にかけてしまい、過保護になってしまう傾向があるのです。

 

特に上の子供が神経質できちんとした性格の持ち主であると、どうしても末っ子のことが心配になってしまうのです。

 

しかし両親が上の子はしっかりしているから大丈夫と信じ込み、末っ子ばかりに手を焼いていると、思春期に入ってから上の子供が豹変し、ぐれてしまったり、家に引きこもるなど問題行動を起こすこともあるのです。

 

両親はどんな性質の子供であっても、できるだけ平等をこころがけ同じように愛してあげることが大事なのです。


O型 末っ子 性格関連ページ

長女との違い
A型
B型
AB型